新・翻訳者akoronの一期一会
FC2ブログ

イートモをお見せします!

さて、新天皇の即位に伴う大型連休が迫ってきました。

広島では5月6日に、第18回西日本医学英語勉強会を開催します。
Session 1では『血液総論と悪性リンパ腫』を取り扱いますが、最後に「医学翻訳に特化した対訳文例と検索のソフト」である「医学翻訳の友 イートモ」のデモを少しだけお見せしようと思います。


IMG_0912_convert_20190419100837 (2) 

もちろん、作者の成田さんから許可をいただいています。
とはいえ、決して回し者ではありません(^^;)。

最近、このソフトについて同業者の方から質問されることが多いのです。
成田さんもブログの中で情報を頻繁に発信されていますが、やはり実物を見て、どのように使えるのかを実感してもらえたらと思います。気になる方は、そのうえで自己判断によりお買い求め下さい(笑)。 ↓↓↓

イートモの翻訳トレーニングモードをどう利用すればいいの?


翻訳力があっても、医学翻訳の経験があっても、独立して「医薬翻訳者」を名乗ったとき、その案件の大半を「治験関連文書」が占めることに戸惑う方も多いように思います。

たとえ通学や通信教育で治験文書を扱っていても、実際に扱う文書は毒性、薬理、薬物動態等の非臨床から、治験実施計画書、臨床試験の報告書、PMDA照会事項、医薬品添付文書、市販後調査等まで、とてつもなく幅広い。そんなとき、大先輩の高品質の訳文が自分のデータベースとしてあれば、心強いですよね。

正直、私はあまり使っていませんでした(笑)。起動しておき、必要が生じたときに参照する。そんな使い方でした。用語そのものよりも、その前後、前置詞の使い方や助動詞の訳した方が勉強になったかな。

今回、プログラム一本化によって[翻訳トレーニングモード]が常時利用可能になったこともあり、毎日の翻訳ストレッチに「訳す」ことを取り入れてみようかなと思っています。

IMG_0908_convert_20190419101628 (2) 

裸木だったこの樹木も青々と葉を茂らせて、もうじき初夏です。

新しい「令和」は、どんな時代になるのでしょうか。ちょっぴり不安も。


↓ 応援クリックをぽちっ!いつもありがとうございます(^^)。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ランブル4月号掲載句

ランブル4月号(No. 254)が届きました。

IMG_0897_convert_20190413062507 (2) 

今月も4句、掲載していただきました。
拙句は下記のとおり。


英霊を祀る社や寒の星    晶子

花笑みの赤子を包む淑気かな  晶子

朗々と言祝ぐ一句初句会  晶子

道筋を蒼空に告ぐ冬木の芽  晶子


何かとバタバタしており、今年になってまだ一度も吟行に参加できていません。
特に先月の呉吟行は残念でした。艦船を見学する呉港クルージングは未だ経験ないので、とても興味があったのです(^^;)。

10月に開催される全国大会の下見吟行を兼ねているので、予備知識も持っておきたいところですね。(まだ場所は未定で、今月は平和公園の予定です。)

結社誌も相変わらず十分読めないまま、次号が届いてしまいます。

なので、今月から日差子先生の『真珠集』御句と、師系五千石先生の掲載句の中から好きな御句をいくつか写経のように書いてみようと思っています。



今月、一番好きだった御句。

冬桜こころにしまふ遠つ人   上田日差子

うぐひすやきのうふよりけふ心冷え   上田五千石


昨日は外用から帰宅後に寝込んでしまいましたが、「あみえび」を買ってきました。
和え物、汁物、お好み焼き、卵焼きと大活躍(^^)/。

IMG_0900_convert_20190413062722.jpg 

栄養をしっかりとって、またがんばります~


↓ 応援クリックをぽちっ!いつもありがとうございます(^^)。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村







第18回勉強会詳細を発表します!

18回西日本医学英語勉強会の詳細が決定しました!

【日時】201956日(月)13:3016:30
【場所】JMSアステールプラザ4F工作実習室(於広島)
【アクセス】http://h-culture.jp/access/
【参加費用】2,000

2)+3)のみご参加の場合1,000
参加希望者は、akoron557@gmail.com宛てにメールをお送りください。件名は【第18回勉強会】+(フルネーム)、本文にはお名前、参加希望セッション(1+2+3 or 2+3)、メールアドレスを明記してください。

1554479288.jpg 


 1)
総合医学英語No. 1『血液総論(基礎)と悪性リンパ腫』13:30~15:15
【概要】

2019年度は参加者自らがプレゼンター・ファシリテーターとなり、ゴールとプロセスの見える化を実施する。専門的内容を情報として整理し、正しく伝える(訳す)ために、何をなすべきか。複数電子辞書の一括検索、コピペの多用、CATツールによる対訳作業、納期短縮、そしてAIを活用したMT/PE処理の台頭。今こそ、ツールとオンラインを離れ、ペン1本でも訳せ、概要を口頭で話せるだけの基礎力を改善するべきではないか。グローバルスタンダードに基づき、医学部高学年・医師を対象とした「医学英語運用における4技能(Vocabulary, Reading, Writing, Communication)を網羅した『総合医学テキストStep 2』を予習復習のベースとし、医療通訳にも役立つ診療レベルの表現も紐付けていく。今回は固形がんに対して、造血組織の異常による「血液がん」を取り扱う。

単回ご参加で、テキストを購入されない方はお知らせください。
★メジカルビュー社『総合医学英語テキストStep 2』の項目9Malignant lymphoma」を可能な範囲で予習してきてください。
参考:医学書院『そのまま使える病院英語表現5000


【ファシリテーター】畝川 晶子(Akiko Segawa)

【プロフィール】

日英/英日の医薬翻訳者。通訳・翻訳専門職員として、6年間にわたり公式文書翻訳、会議通訳の他、各国オリンピック委員会・大使館との渉外業務、プレス・マスコミ対応、国際会議開催を経験。現在は医薬に特化しているが、英会話、ライティング、英語検定、翻訳の指導歴もある。

ブログ「新・翻訳者akoronの一期一会」: http://akoron557.blog.fc2.com/

2) 舌と呼吸~鼻呼吸と口呼吸の大きな違い~ 15:30~15:50

【概要】 鼻づまり、歯並び、目の下のクマ、しわ、睡眠不足、集中力のカギを握る呼吸と習慣について
「パソコンやスマホを触っている時、あなたのお口は閉じていますか? 舌はどこに触れていますか? 朝起きた時、お口が乾いていませんか? 寝たはずなのに疲れていませんか? 個人的に学んでいる口腔筋機能療法(MFT)と昨年末に海外で受講した「呼吸」に関するセミナー内容を共有します。皆さまの健康に少しでも役立つと幸いです。」
【登壇者】Keiko
【プロフィール】 歯科衛生士。十代で受けた歯列矯正治療で歯科衛生士という職業に出会う。歯科衛生士免許を取得後、神戸市内の総合病院、歯科口腔外科に勤務。広島帰郷後は開業医に勤務する。人生2度目の歯列矯正治療で、口腔筋機能療法(MFT)と出会う。2018-2019年、ロサンゼルスとバンクーバーへ行き、MFTセラピスト数名と対面、セミナーを受講。


3) AI翻訳に負けないために  15:50~16:30

医薬、マーケティング、法律文書等におけるAI翻訳の現在の精度(実物をお見せします)、社内での使われ方やAI翻訳への認識、都内で聞かれるAI翻訳導入の状況やあおりを受けている翻訳分野をご紹介します。翻訳者がAI翻訳に負けないために、必要だと思うこととは。また、皆さんと将来のキャリアプランについて話し合ってみましょう。
【登壇者】Yoko
【プロフィール】都内で翻訳、時々通訳。

★ちょうど前日5月5日まで、広島ではフラワーフェスティバルが開催されています。
風薫る5月、花であふれる街広島で、いっしょに学んでみませんか。

↓ 応援クリックをぽちっ!いつもありがとうございます(^^)。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


JTFジャーナル巻頭特集~翻訳支援ツール

春らしい陽気が感じられる今日この頃。皆さま、いかがお過ごしですか。

そうそう、非公開コメントをくださったN子さん、温かいお言葉をありがとうございました(^^)。

翻訳だけでなく、俳句にもご興味を持ってくださり嬉しい限りです。
私の入っている結社「ランブル」は、主宰上田日差子先生、師系は上田五千石先生なのですが、五千石先生は「
俳句をやると幸せになるよ」が口癖だったそうです。

「過去」や「未来」より「眼前いま」を大切に、今を一生懸命に行じる。

うまく作ろうとせず、マイペースで、四季の移ろい、草花との出会い、毎日の生活等、ちょっとした一瞬を切り取り、17文字にしたためてはいかがでしょうか。楽しいですよ。

そして、勉強会はどなたでもご参加可能です。今年はテキストも予習復習に使いながら、メンバーがファシリテーターとなって進行します。次回は連休中、5月6日に開催予定です。ご遠慮なく、いつでもご参加くださいね。

さて、3月初め頃の発行ですが、日本翻訳連盟(JTF)の機関誌JTFジャーナル03/04号に、巻頭特集として「翻訳支援ツール2019」がありました。

(アカウントを登録すれば、どなたでもお読みいただけます。)
   ↓↓

JTFジャーナル 


JTFjournal300.png 

最初は、また企業よりの特集だと思って敬遠していたのですが、情報源としてツールの特徴を知っておくことも大事かな。

1. SDL Trados Studio 2019
2. memoQ 8.7
3. Memsource
4. ロゼッタT-400 ver.2
5. Mirai Translator
6. ヤラクゼン

私も読んでみて、各ツールの概要が分かった気がします。6については、名前程度しか認識していませんでした。
前にも書いたかもしれませんが、私は全く購入していません。所持しているのはmemoQとMemsourceですが、お取引先からライセンスを無料で借りて使用しています。そして、ここ何ヶ月かは、全くツールから離れた仕事ばかりをしています。

購入希望の方からご相談を受けることもありますが、お取引先がどんな種類の文書を扱っているのか、ニーズを把握しておきたいところですね(^^)。

何しろ、CATツールは機械翻訳エンジンとの互換性も売り。

物議を醸しているAI翻訳、MT/PE処理。

下記の、医薬翻訳のアスカコーポーレーション社長BLOG『AI翻訳が製薬業界を変える』で、セミナー参加者を対象としたアンケート結果を公表されています。

今回のセミナーでMTに関して参加者にアンケートを行った。クライアント、翻訳会社、翻訳者、などの参加の割合はほぼ同じ。MTに関し「導入に積極的」か、そうでないか、を聞いてみたところ、クライアントの9割は「導入に積極的」、翻訳会社も7.5割が「導入に積極的」だが、翻訳者の2.5割は「導入に積極的」、7.5割は「積極的でない」だった。

実際の翻訳者は、上記の数字以上に敬遠しているでしょう。
AI翻訳の顛末は、最近では大阪メトロの英語サイトでも話題になりました。出力結果を確認しないまま公にしたところにも問題がある訳ですが、翻訳者が後処理としてMT結果を修正すれば、工程は通常翻訳よりも増えて厄介な作業となります。

実際、PE作業なのに、生成された訳文を全部消し、ゼロから訳されている翻訳者さんも少なくないようです。「機械が生成した訳文を人間の思考回路で修正する」作業は人間の脳に多大な負担を与えるとも言われています。

AIも進化していくものであり、それを否定するつもりはありません。やがては大きな役割を担うべく、改善に改善を重ねていくでしょう。実際、初期のTRADOSを使用していた頃、「これは人間のする翻訳作業ではない」と思っていました。

でも、今のCATツールを使用して、それ程の負荷を感じることはありません。
問題は「今」です。

ソースクライアントがMT処理した文書のPEのみの依頼、またはMT・PEとも翻訳会社が引き受ける場合、さて、どの文書にどの処理が一番適切なのか、判断できるのでしょうか。
私も、「(MT結果が)よくできていると思うのだけど、どうでしょう?(だから)この条件で受けてね」といった打診を受けたことがあります。

そもそも、どの程度の出来なのか、短時間で検証できるものではありません。
その部分を翻訳会社サイドで時間をかけて業務を振り分けていては、効率化にはならないはず。

単価引き下げの手段とならないことを切に願います。

(株)ロゼッタが開発したAI翻訳は、製薬会社80社以上で導入済みだそうです。
一方、製薬会社は大規模リストラでも話題となっており、会社によっては3人のうち1人が職場を去らなければいけない苦境にあるとか。医療専門出版社の医薬ジャーナルも自己破産の申請準備と、医薬関連業界の状況は理解できるものの、現レベルのAI活用が真の新薬開発スピードアップの一助となるのでしょうか。

翻訳業界も、翻訳者を目指して一生懸命がんばっている方々の努力が報われ、発揮できる場でありますように。

↓ 応援クリックをぽちっ!いつもありがとうございます(^^)。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村




納品日は休む!

昨日は1件納品したので、懸案事項だったノートPCを探しに外出してきました。

昨年から実行していること。

それは、

納品日は休む!オフにする!

たとえ、後続の仕事があろうとも、1件終わったので、「はいっ!次」というほど、体力・気力が続きません。

毎日の生活の中で、「想定外のこと」は必ず起きます。
家族の問題、自分の健康問題、機械の不具合、ネット切断等々………。

会社員のように有給休暇が取れるわけではなく(泣)。

それでも「納期は死守すべきもの」。直前の校正時の集中力の高め方は半端ないっ


なので、疲れたまま次の案件に取りかかるよりは、まずは体調を整えてから開始した方が効率がよさそうです(^^)。


IMG_0762(Edited)_convert_20190319050220.jpg 

普段はトリプル画面で作業しているので、単一画面はとても苦痛。基本、ノマドはしません。なのでプレゼンと出張で使うくらいの低頻度パソコンです。

結局、2018年春バージョンの13インチ、F社のパソコンを購入しました。13インチの画面でも、重量1kgを切っているのですねぇ。パワーに若干の不安がありますが、このPCでCATツールを使用することはないと思っています。13インチなので、これも接続して「クワッド」4画面もありかも(^^)。

お仕事用メインのデスクトップもF社のパソコンなので、F社製品が揃いました。

F社は、以前IT翻訳をしていた頃、お世話になった翻訳会社の親会社です。

ブログにも書いたことがありますが、

減点ベース(各採点者がマイナス点を起票して100点から減点)で品質評価点が付けられていました。ある点数以下になると報酬の減額があったり、無償で修正に応じるなどの厳しさ。
評価項目は忘れてしまいましたが、専門知識、日本語の適格さ、内容の理解度、表現力などがあったように思います。それぞれの項目に起票する関係者が3~4名程度。

被雇用者側の言い分は別として(笑)、結局、品質管理が整っているところの製品に信頼が置けるのは、PCも翻訳も同じ!

明日からは日本でフィギュアスケートの世界選手権が開催されます。


IMG_0710_convert_20190305142038.jpg 

この本も、お安くgetしていたので、チラ見~。

ぐっすり眠ったので、また今日からがんばります。

↓ 応援クリックをぽちっ!いつもありがとうございます(^^)。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



プロフィール

akoron

Author:akoron
日英/英日の医薬翻訳者です。AMWA会員。広島で医薬翻訳者、医療従事者等の異業種で構成する「西日本医学英語勉強会」のお世話をしています。
https://west-japan.wix.com/medical-english
俳句を英語と日本語で始めて2年生。俳句結社「ランブル」会員。
自然を愛で、人を愛し、命をつないで、ほんわかゆったりと生きたい♡

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR